サイト入り口


●世界観●

共通設定
読まなくても問題ありませんが、読むとちょっとだけ世界が分かる、そんなもの。

小説早見表(別窓) (同窓)
各小説の属性(相手の種族・キーワード・読者様による人気順等)を記した早見表です。



●小説 〜異世界童話〜● R18        携帯版…携帯用分割版

「あ」 あんなに駄目だと言ったのに
野営中、焚火に照らされた木々の陰から、こちらを窺う気配がある。

「い」 いい事はきっと、また起きるためにある
とある街の『玩具』店。今宵もまた、夜の目的のための玩具が注文された。

「う」 うつくしい花には力がある
森の洞窟で遭遇したのは、未来の恋人……になるかもしれない。

「え」 えらぶ権利は俺にない
近道しようと森を通る傭兵だったが、野宿しようとした大木の下、美しい女性に会う。

「お」 お帰りなさいと言える場所 携帯版
貧困に悩む農家から奴隷商に売られた娘は、様々な種族が入り乱れる闘技場に放り出された。

「か」 かのじょの熱をただ 携帯版
流れの僧兵が依頼された『幽霊』退治。だが出没地では幽霊など居ないと一笑される。

「き」 きっと気のせいにはならない
息を潜めて小屋に近づく二人組。魔女の家で狙うべき獲物は……。

「く」 くすりと笑う、悪戯っ子のように 携帯版
母の故郷を訪ねたはずが、何故か生贄として海に磔にされることとなる。

「け」 けもの道に赤い跡  
血を求める病に侵された娘を助けたのは、一匹の魔物だった。(前後編)

「こ」 こがれる思いと黒と赤 携帯版
一閃の下に魔物を屠った少女、その幻影を心に残して彼は警吏隊長までになった。

「さ」 さてこれは正か否か
今晩も見ず知らずの侵入者に襲われるのだ……それは何処に行こうとも変わらずに。

「し」 しろくろはいいろ 携帯版
人間の娘と成長できない魔豹の少年(ここで一周年)

「す」 すくえると思う驕りに幸あれかし  
その仕事は簡単なはずだった。解呪屋の娘の予想を超えて、ソレは手強い。

「せ」 せけんと同じでないにしても
精霊混じりの傭兵として生きてきた彼が今思うのは、町で彼を待つ彼女の事だけ。

「そ」 それはヒロインの台詞だろう  
誘拐された令嬢を救い出す為に向かったはずの廃館で、傭兵のロディは逆に囚われた。

「た」 ただ従うくらいなら   携帯版
結婚した相手が、自分から全てを失った元凶だと知った彼女は、彼から逃れられるのか。

「ち」 ちんもくこそが雄弁に   携帯版
人狼に襲われた娘は、生き延びる為に知りもしない人狼の『望むもの』を捧げる取引をする。

「つ」 つまりは自然だということ 携帯版
本の世界に入った娘は崖から転落し、気付けば半蛇の男に全裸で抱きしめられていた。

「て」 ていねいな言葉のその裏に 携帯版
魔物との絆を解消するために幻石を集める娘が引き受けた依頼は、何かがおかしかった。

「と」 ときには一言で充分だったりする 
手のひらサイズのゼリー状生物を拾った娘は、彼の正体を知ろうと地下水路へ潜る。

「な」 なんど心を変えようとしても 
久しぶりに帰ってきた強く優しい獣人の養い親……嬉しい以上にただ苦しい。

「に」 にど三度以下省略 
幼馴染が守り神より盗んできた宝物を返しに行った娘は、魔物に誘い込まれる。

「ぬ」 ぬくもりに違いはないのに 
想い人のため通り魔を追跡する彼を、闇の中で艶やかに微笑む銀髪の女性が襲う。※視点切替アリ

「ね」 ねがいを叶えるのはいつだって   NEW
傭兵の彼女が告白を断った、人間の男が戻ってきた――何故か、獣の姿に変わって。




○狭間の竜とはぐれの娘○

※元・年越し企画。大人向け描写はまだなしですが、予定あり。

⇒ 読む


○遥遠なる灯火の丘○

※残酷表現あり。大人向け描写は今のところ未定。
かつて国を壊滅寸前まで追い込んだ“炎鬼”に、運悪く憑りつかれた鍛冶師見習いの娘。皇家の間で秘されてきた鬼に関わったが為、娘は中央で監視され、図らずも皇家の争いに捲き込まれていく。




一言メッセージ(返信不要
お名前: ※任意
ご意見:
                 Powered by FormMailer.


inserted by FC2 system